WORKS 戸建てリフォーム 所沢市花園

平成26年から不動産購入を検討して頂き、リフォームを含め予算調整をしてきました。
平成27年4月にめどがたち、ついに改装工事が動き出しました。住宅地にある今回の戸建ては土地も広く、全体の整理も必要です。
老朽化したものの撤去などからはじまり、設備の移設、交換などを行っていきます。

車庫スペースが2台分と大きい。下にはタイルがはられているが、少し経年劣化で浮いている。タイルが素焼きタイルでよく玄関などに貼られるものだ。
今後のことを考え浮いてるタイルは撤去し飾りをつけることになった。
レンガ・ブロックなどにより、グラデーションをつける形で、駐車スペースの真ん中にポイントとして作成する。車庫には若干複雑な水勾配が付けられていた。
この車庫は実際、どんな作りになっているのか・・・

室内は最初にお風呂場が解体された。タイル貼りの浴室は建築年月日にしては珍しくユニットが使われていない。和洋折衷という言葉が流行った頃の建物ですがその名残のような浴室でした。

浴室だけでもかなりのゴミの量ですね。外観のフェンスなども一部撤去され、スッキリしてきました。庭先にあった劣化したウッドデッキや植えられた木々なども撤去します。
スッキリさせて、タイル調のテラスを制作していきます。
これから、床材などが搬入されてきます。それまではまず、周りの整理とゴミの片づけになりそうですね。

庭先のウッドデッキや木々の解体が住んでスッキリした所にリビングから続くタイル調テラスを作成中!50cmは上がるので、結構迫力のテラスです。ご近所さんも注目しているようですね。
ご主人が広いスペースがほしいなあ・・と言うところから始まったこのテラス作り。結構便利なんじゃないかなって思っています。
駐車場の補修と飾り付けの方も同時進行しています。
玄関アプローチの門柱やフェンスなども撤去してスッキリした感じになりました。

ど真ん中にワンポイントでレンガ調で仕上げていきます。
工務店の方からこんな感じで仕上げますってイメージがこんな使い方あるんだ・・って関心させられました。まだまだ奥が深いです。
メッシュが組まれましたが、駐車場の方は水抜き用のボイドが沢山ありましたので水の浸透を考えた作りになるようです。

 

形が出来上がると、かなり大きな感じです。これもありですよね。
駐車場の方もブロックで飾り付けをしていきます。
室内ではIHクッキングヒーター用に200Vブレーカーが設置されました。
ゴールデンウィークもあるので、職人さんの段取り(日程等)が難しいですね。
4月30日に足場がかかり、塗装の準備となりました。

朝から足場の作業です。春日部から来て頂きました。
テラスや駐車場の注意点を話しして作業に取り掛かって頂きました。
さすがに手際がいいですね。家を囲うように足場が準備されていきます。
テラス部分も力分散するように板を置いて頂きました。丁寧な作業をして頂いたと思います。

あっとゆーまに組み上がりました。

高圧洗浄の為、白い布で覆われました。
屋根が赤茶に見えていたのですが、高圧洗浄で洗われていきます。サビのように見えたものはコケでした。
慎重に洗い流していきます。

屋根から雨といそして外壁と全体を洗っていきます。
外壁洗浄の様子も載せました。

駐車スペースの真ん中にレンガが入ります。
小さな花壇のような模様ですね。
塗装の方は下塗りをして、塗装をするという2回塗りです。今回は艶なし塗装と屋根塗装、それと雨といの半つや塗装と指示がありました。

ダークブラウン(焦げ茶)で全体が塗られて、ポイントは黒です。
軒下とかは白系が多いのですが、今回は黒です。
つやがなくマットな感じが落ち着いていて良い雰囲気です。
細かな繋ぎの部分はゆっくり丁寧に塗っていきます。この作業だけでも1日〜2日かかります。
軒下とかに黒を使っているので、全体的に締まって見えます。
写真だとこげ茶色と黒が近色に見えますね。
落ち着いた仕上がりで個性も出ました。

室内工事の方も進んできました。まずは壁紙の貼替え用の下地処理です。壁には巾木・廻り縁ってのがありまして、下地の化粧だったり見切り材として使われます。クロスなどの色分けなどのポイントになるものです。今回は天井との廻り縁は使わないことになりました。その為、壁の下地処理が必要となりまして、その隙間調整を角用補強材を使って調整して、パテでならして行きます。

 
 

和室とリビングが引き違い戸になっていましたが和室との場合は高さが180センチなので、それを約2mのもへ変更します。
引き違い戸から片引戸へ変更します。リビングはフローリングの貼替えです。現況のフローリングはそのままステバリ扱いでその上から貼っていきます。
木目がはっきりしていて板っぽい柄です。1Fリビングと廊下が貼り変わります。

 

足場が取れました。
こげ茶(ダークブラウン)と黒(ブラック)で全体的に締まった感じになりました。
くらいイメージでしたが足場がなくなり日差しが入るとしっかりとした色合いがかもし出されました。最近は明るい無難な色合いが多いのでこのようなマットなカラーもいいですね。施主様からの希望だったマット塗装も落ち着きを加えています。


WORKS 所沢市花園リフォーム
2ページ目はこちらです。




戻る

リフォーム

中古戸建て購入時のリフォームを行ったり、賃貸の改修工事などを行っています。単純に目立つ物件という事ではなく落着きのあるデザイン性を考えると共に、施工内容も検討しています。

設備交換・部分リフォーム

IHクッキングヒーターへの交換やユニットバスへの交換、部分的なリフォームからでも快適空間は出来ると思います

リノベーション

専属デザイナーを起用しています。
間取りは際にこだわり、空間の利用価値を検討しています。オンリーワンなデザインですがコストを徹底検証して必要な事を導き出しています。時には大工さんと打ち合わせして施工内容を決定しています。

中古再生住宅

不動産を自社で買取して点検をして販売しています。内容によっては大幅に改装したり、設備交換だったりとそれぞれ違いますが、時代にそった住宅にリフォームしています。