Renovation

リノベーション

RELAND Projectとは?

リノベーションとは、改修工事を行う事と技術革新を併せ持つ付加価値を考慮した言葉です。
付加価値を付けて価格を引き上げたいという考えもあるでしょうが、改修工事する場所と不動産相場も絡み一概には付加価値が上がるとは言えないでしょう。
RELANDプロジェクトは不動産を購入、もしくはリフォーム依頼から基本行います。不動産会社としては、すべて業者発注になりがちですが、デザインや材料の選択などを行っています。

お客様が選ぶリフォームは多いです。施工業者とお客様だけが打合せしているだけとも言います。トータルバランスを考えると悩むお客様も多いです。RELANDではCGパースなどを使いイメージを提案します。

時代に沿った材料と価格提案。

高額材料を使い高級感を演出するリフォームは行いません。設備や材料は吟味して、新品が必要かどうかも判断します。年数が経過した家は想定外の事があります。強度や規格違い部分、劣化なども考慮しなければなりません。
目に見えない部分も修繕していく過程もありますので、一般的な規格商品でコストを考えて本当に必要な修繕を考えていきます。

リノベーションは価値向上という側面を持たなければなりませんが戸建ての維持向上や設備向上が出来ていても実際の価値向上を一般的に認めるかという部分は広く浸透はしていません。 不動産価値がリノベーションによって需要を生み出したとしても金融機関の判断など厳しい現状もあります。不動産会社という側面もあるRELAND計画は現実的な不動産価値や需要・収益価値なども考慮して修繕費用の上限なども検討しています。

設計・DESIGN

RELANDのデザインは空間を考えます。間取りを考えるときに目線の高さなどを考慮します。視界というのはとても大切で実際はどのように映るかで、生活感は大きく変わります。

3Dパースを使用することで、実際にどう見えるかを体感してもらいます。配色などもわかります。シンプルな間取りに仕上げる場合も何故シンプルが良いのかも空間を見れば判断ができます。パースなどを利用することで具体的な情報を共有することもでき、打合せの意義がより出ることでしょう。